施術後は安静に

nice

膣の締まりをよくするための整形はまだあります。ビビーブといって、高周波を膣に当てることで、膣のコラーゲンを増やします。高周波によってコラーゲンの成長を増幅させているのです。施術時間は約30分で痛みも無く、メスを使わないので血も出ません。ダウンタイムは7日から10ほどなので結構短いです。料金はだいたい300000円前後が相場です。コラーゲンが成長することで膣の締まりを良くするので、施術してから約3ヶ月後に効果を実感する人が多いです。年に1回の施術が望ましいので、なかなかお金が必要になります。パールフィラーの注入法のほうが料金や効果の早さ的にいいかもしれません。すぐに効果を実感したいなら注入法の整形をしたほうがいいでしょう。
次はレーザーによる整形方法です。子宮口の近くにレーザーを当てることで膣全体を引き締める効果があります。施術してからすぐに効果が現れるのが利点で、ダウンタイムも無いです。レーザーでの効果の持続時間は使うレーザーによって変わります。なのでビビーブの方が持続時間が長くなる場合もあります。ビビーブとレーザーのどちらにしようか悩んでいる人はクリニックでちゃんと相談しましょう。
1番大掛かりな整形が膣壁縮小手術です。効果の持続は半永久的で、膣の締まりに対する悩みも無くなります。膣の入り口から奥まで、締まりを完璧に良くします。膣の締まりを良くするには、この整形方法が最も確実でしょう。手術は1時間から3時間で終わります。静脈麻酔にすれば意識が戻る頃には終わっており、その日の内に帰宅できます。しかし体への負担はあるので、しばらく運動やセックスはしてはいけませんよ。

Copyright ©2016 継続こそが大事!膣トレを続けて最高の締まりを!.All rights reserved | Design by W3layouts